Q.それは槻影ですか? A.いいえ、それはペンです。

てなわけで速やかに2?2をアップしました。
ちょっと量を増やしてみたのですが如何でしょうか。物語の進行速度は相変わらず亀だったりするわけですが。
明日からGWらしいですね。らしいですね。できるだけかけたらいいなと思ってます。
以前身の程を知って撤去しましたおまけつきの拍手も復活させたいし、他にも課題でやることあるし……休み万歳ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

…………


(*´д`;)…
スポンサーサイト

灰色の塔:2?2

「いいか、藍。魔物には二種類存在する。なんだか分かるか?」

「……食べられる魔物と……違うの」

「そのとおりだ。よくわかっているじゃないか。では次にその見分け方を教えよう。何、簡単な事だ。野生動物は生まれたばかりでも勘でその違いをよく知っている。いや、本来なら区別などと言う言葉にする事すら必要ない。見た瞬間わかるからな。いいか、食べられない魔物ってのは見ただけで食べられないとわかるものなんだ。それが生物としての本能ってもんだ。蟻だって兎だって犬だって熊だって竜だって知ってる。人間だって知ってる。それなのに何故藍にこんな風にわざわざ言い聞かせているかわかるか? 藍はもう子供じゃない。色々教えてやったのは何故だ? もう知らなかったじゃ済まされない。わかっているのか?」

「……うぃ」




■■■■■■
続きを読む

STRが不足しています

灰色の塔UPしました。
唐突に第二話にしてみました。つながっていません。時系列は順番になっています。
内容的には……うん、落ちなし山なし。
最近一話の分量が足りないような気がする。
もっとじっくり書くべきなのでしょうが、どうしても一段落つくと載せたくなってしまう。
この辺はほら、人の性なのでしょう。
夏休みの宿題の日記をしばらく溜め込んで十日くらいたったところで慌てて数日分片付けて勉強した気になっているような気分にちょっと似ているという戯言。

灰色の塔:2?1

2.1


 ばちばちという音が、古びた柱の間を響き渡る。

 無数の柱と、その間に存在する暗黒。そこは、この世のものとも思えぬ奇妙な空間だった。
 細かな細工を成された材質もわからぬ滑らかな床板や、半ば朽ちた複数の円柱は明らかに人の手の入ったものだったが、それすらこの得も知れぬ違和感の中では確かなものには思えない。

『回廊』

 その場所は、遥か上空に住む星持ちと呼ばれる異端の者達にそのような名で知られていた。
続きを読む

夢か幻か

久しぶりに灰色の塔更新。
内容的には……うん、まあそんな感じです。続きものなのであまり……って感じですね。
あまり理想の方で書かないような内容を書いていきたい所……まあぼちぼちやっていきます。

久しぶりに設定あさってたらメモ帳にハイスキルのアイディアが書いてあったのを見つけた。
神様から何かを受信して奇跡を起こす電波系美少女能力者とか書いてあった。そういえば考えたなーと。




次のSSの流行りは育成ものが来ると勝手に予想。今あまりないし、ジャンル的には行ける気がしないでもない。マンネリにならないようにするのが難しそうではありますがー
ここで書くぞーとかなったら忙しさで死ねる。そして責任感のなさで死ねる。ただでさえ死にそうです。
ちょっとそれ系の要素を入れるだけで満足しよう、と。どうせ時間ありませんしね。


次の更新はどっちにすべきか。
あ、GWとか今の所何もできそうにありません。忙しいです。でもちまちま書いてます。
一月はまたせませんよー

第七話:灰色の塔

7.

「まぁ……いいや……」
続きを読む

だが槻影はMPが足りない

こんばんは。最近あまり調子がよくない槻影です。
行動が裏目裏目……こういう時は大人しくしてるに限ります。

ということで、新話アップしました。
もうちょい長くするつもりでしたが、ちょっと長くなりそうだったので切り。
題名がクリアとか書いてありますが、クリアさんはセリフが事務的なので影が薄いです。
まぁ、それでも一番出てきた回なのでようやくここまで来たというところか……
更新速度が徐々に上がってきてますね。なんかコメで凄い驚かれてます。
私はけっこう波が激しいので……そういう事もあります(*´д`;)…


コメ返し

<gen様

拝読頂きありがとうございます
まったりーまったりー続けていつの間にか書き始めてからニ年近くたってしまいました(*ノ∀`)ペチンッ
記事消した覚えはないので、バグかもしれません。恐らく今は大丈夫だと思います。
これからもすこしずつ物語を進めて行くのでよろしくお願いします



←にWEBSKYPEなるものを加えてみました。宜しければ試してみてください

第四十二話:黒紫色の理想

 これが死地か。

 視線と視線が一瞬交差する。
 肩に受ける衝撃と、初めて見るクリアの笑み。
 しかし俺は、すぐにその視線を顔から外し、クリアの付けているチョーカーに向けた。


 シーン・ルートクレイシアへの従僕の証。


 自然な動作で肩に伸びる腕。
 華奢な仕草に込められた力はどれほどのものか。
 人間という種族ははLV599とLV600の狭間で限界を超え爆発的に能力を増し、それからは緩やかな成長曲線を描く。
 LVだけだったらクリアと俺の間ではダブルスコア以上の差があるだろうが、実力はレベル差ほど離れていない。
 そもそも、人間の耐久力は他の種族と比べて脆弱だ。
 全力を出して狩りに行けば、クリアの腕でも俺の首を容易くへし折れるし、身体を貫くこともできるかもしれない。

 死の可能性。
 その感覚が俺の心を焼く。
 寿命で死ぬくらいなら戦場で死にたいものだ。裏切りでも構わない。時に殺されるというのは俺のプライドをどうしようもなく傷つける。

 俺の最後は果たしてどのような最後になるだろうか。

 先日KillingFieldに生命力を分け与えた時点で考えたことはまずそれだった。
 果たして俺に勝利し得る存在がこの世に存在するのか。少なくとも前世よりはマシな死に方をしたいものだ。
 柄にも無くそういう考えが浮かんだのも、仕方のない事だろう。

 しかし、その心配ももうない。
 場や間や天運がクリアの味方をしたとは言え、この程度の存在がこの俺の命を脅かしうる可能性を持つ。人間というのはなんと脆弱で面白いものか。



 その首に巻かれたチョーカーが俺への殺意を反応して首を刎ねるというトラップの役割を持っていなかったら、クリアの勝利で終わっていただろうに。





 さようなら。
 ああさようなら愛しいクリア。
 


 そして俺は、もしかしたら転生してから最も安らかな気分で瞼を閉じた。










第四十二話【クリアの話】








続きを読む

とりあえずなまちゅう

試しに調子に乗ってみた。たまにはこういうのもいいかもしれない。
という事でこんばんは。5%の確率でさっさと更新してみた槻影です。一応誤字脱字の確認はしたんだぜ。
研究室が居心地が良すぎて困ります。もう家に帰らなくてもいいんじゃないか……と思ったりする。



さて、今回の話は……引っ張ってるわけじゃないですよ? 
次の話は一応クリアさんがメインです――とか言って早三話。期間で半年。詐欺に近い。
三日は更新できないけど、次も多分早めに更新します。


なるべく文章は読者の方が読みやすいように書くよう心がけてますが、友人によると私の文章は癖が強いそうです。
言われてみてあーなるほどと思いました。確かにうまい人の小説と比べると癖がある。もっとバランスよく書けるように心がけます。



返信

<もちさん

感想ありがとうございます(´▽ `)
小説家になろうですが……そういえば、前話まだ更新してませんでした。あっちにも更新しますが、これからはブログの方優先で更新していこうかと考えています。
いつの間にかシステムが変わってて……お気に入りシステムなんてできたんですねえ……時代の変遷を感じます。

読み直しとは凄い……量だけはありますから大変だったでしょう……ってよく見てみたら量もないか。文体の変化がバレないかちょっと心配です。
今まで休みすぎてたのでちょっと心を入れ替えて更新頑張ります。最新話更新、実はこっちでも半年ぶりだったり……
気を長くして待っていて頂ければ幸いですm(_ _)m

第四十一話:黒紫色の理想

 魔術とは、単純に言うとただの入力に対する出力にすぎない。人や精霊の身体という機構による、魔力やその他の触媒を介して起こされる奇跡の業。その中でも人間が自身単体で使える魔術は神聖か闇に限られる。

 俺の使う主に闇。そしてその魔術の種類は多くない。覚えている魔術は百以上は優にあるが、そのほとんどは一年に一度使うか使わないか、もしかすると覚えてから一度も使ってない術もあるかもしれない。
 破壊は
 再生は
 拘束は
 操作は
 移動は
 誘惑は
 契約は
 調査は
 封印は
 召喚は
 各々一つか二つの魔術で事足りる。それがどんなに魔力を食う魔術だとしても、並外れた魔力の回復率を持つ俺にはそれはさほど意味をなさない。
 だから、この場で唱える魔術は、俺が日ごろ好んで使う"虚影骸世"や"EndOfTheWorld"である可能性も十分あった。

 まず第一の失敗は、俺の唱えた術が自分を中心に発動する"虚影骸世"ではなかったこと。


「"這い出る混沌"」


 それでも、普通ならクリアがここまで距離を詰める事を許すことなく、術はクリアを阻んだだろう。
 俺の数十節にも渡る呪文の詠唱はクリアの高速の接近より遥かに早い。それが彼我の純然とした差で、

 そこでもう一つ誤算が生じる。

 それは、この場が、闇の魔術にとっての鬼門、極端に濃い聖なる力に満ちた神殿であったこと。
 数十分前、シルクと会話を交わしながら歩いていた時の事を思い出す。
 あの時全身に感じた違和感。
 精神を高揚させる空気。
 闇は光に弱い。極端に弱い。最悪に弱い。その比は水と火の比ではない。さて何回『ひ』と言ったでしょう。

 古今東西あらゆる伝記でも、闇は光に敗北すると相場は決まっている。

 目の前に迫るクリアの姿。
 術の発動直前に気づいた失敗。
 KillingFieldの顔が驚愕に歪み、けれどその視線はしっかりとクリアを捉えている。さすが高レベル。
 でも今度は動けるようにしよーね。


 影から爆発するように立ち上った混沌――俺が前世の頃から好んで従えた闇は、しかし目的を遂げることなくまるで高温の湯に入れられた氷のように一瞬で融解した。

 魔術師にとっての詠唱の前後は完全な隙だ。
 臨戦態勢の格上の相手に腹を向けて倒れているような埋めようの無い隙だ。無様な隙だ。
 遥かに格上の魔術師が相手でも詠唱の前後に攻撃を仕掛ければ高確率で倒せる。
 戦闘に置いて隙をつく事は非常に有効な手段。
 誰だってそうする。俺だってそうする。

 接敵。
 両肩に掛けられたクリアの手。
 軽く込められる力。目の前数センチに迫るクリアの顔は、穏やかな笑みを作っていて。


 俺は初めて見るクリアの表情に心の底から賛辞を送った。




 悪くない。









第四十一話【闇と光の話】


続きを読む

ライフはもうとっくに0です

てなわけで、そろそろ待つ人もいなくなったのではないかという頃に久しぶりな更新です。

就活やばい研究やばいけっこう多忙です。
就活生の目の色と真剣度がなんか凄い。引きずられそうで怖い。そんでもって内定もらえなくて怖い。
多忙=充実とは限らない事が心の底からわかりました。眠いよ
会場は大体が東京だから毎回約五時間バスに揺られて行かなきゃいけない。
エントリーシートやら履歴書やら適性テストやら大量に待っていてやばい。まだ就活が遠い人は今のうちに遊んでおくと吉です。もう働いているって人は心底尊敬します。。そして羨ましい。
どうやら認識が甘かったようですね。


愚痴終わり!



感想や面白いなど書いてくださった方、ありがとうございます。
半年以上あいてしまいましたが、それでもなんとか更新できたのは間違いなく感想や拍手をくださった方々のおかげです。
期間があいてしまったため、若干文章のレベルが落ちているような気もしますが、取り敢えず時間の合間を縫ってこれからも続きを書いていきます。
とっとと会議終わらせて一話完結型に戻したいところ・・・というか、何回も次終わるとかいってたのになかなか思い通りにならなくて歯がゆく感じます。
日常編書きたい・・・(*´д`;)…

そして、期間を空けるならやめた方がいいんじゃないか、などの忠告やお叱りをくださった方。
さすがに半年は期間開けすぎだと、私自身も反省しています。
自分自身では真剣に書いていたつもりでしたが、どうやら他の小説書きの方と比べると意識が甘かったようで、所詮ネット小説だとたかをくくっていた点もあったのかもしれません。
今も見てくださっている方がいるかどうか分かりませんが、謝罪させていただきます。申し訳ありませんでした。
ですが、忠告はありがたくいただきますが一応これからも更新はしていこうと考えています。
一人でも回覧してくださっている方がいる限り、途中で止めてしまうのは一人の小説読みとして遺憾ですので。
まだこんな所で小説書いてんのかと、とでも鼻で笑ってください。
こんなブログで少しでも楽しんでいただけるのなら、私としてはこれ以上嬉しいことはありません。

続きを読む

第四十話:黒紫色の理想

 各国の代表が粛々と昨年の悪魔被害についての報告を始めていく。

 各席に三人ずつ鎮座している会合の場。たった一人しかいないルートクレイシアの席は司会からも両隣の席の代表からも注目を浴びていたが、私にはどうしようもない。むしろ私が泣きたいくらいだ。仕方ないので、完全に無視する事にする。さすがにこの場で非難を浴びせかけてくるような愚か者はいないだろうし。

 報告を聞くところでは、被害は大きなもので人口の十数パーセントを失った国、小さな物では村が一つか二つ壊滅的な打撃を受けた程度、少なくともどの国も一度か二度の襲撃を受けたらしい。近年の悪魔は徒党を組む事を覚え、小さな物では数体から十数体、大きなものでは数百に群れ、それを一体か二体の高レベル悪魔が率いる形で襲い掛かってくるようになっている。完全に統制された高レベルの騎士団でも、数百の悪魔はさすがに手に余る。おまけに高レベルの悪魔は一個師団並みの力を持つというから、大きい群れを相手にすれば相当の被害がでる。大国から小国まで、皆総じて苦い顔をして報告をしている中、私だけはその内容を頭に入れつつ全く別の事を考えていた。

 シーン様は大丈夫だろうか?
 
 シーン様はクリアの事を甘く見ている面がある。
 思い出すは、先ほどクリアを見つけた時のその表情。
 無表情で、しかし強烈な意志を宿した視線。一種の殺気にも似たその気は戦闘を前にしたシーン様に酷似し、しかし私はそれに異なった印象を受けた。シーン様の気は強烈ながら一種の遊びがある。迷いなき意志にも余裕が見える。だが、今感じ取ったクリアの視線には余裕など一片たりとも感じられなかった。あれはシーン様の言うように感情を忘れた者の視線ではない。

 悋気。あの視線に含まれる感情は"嫉妬"だ。

 シーン様はクリアをなめている。感情のない機械のような人間だと。
 初めてクリアに会ったその瞬間に私が気づけたソレに気づけていない。それほどクリアの心を殺す技術が優れているのかもしれないが――

 三年。三年もシーン様の元で教練を受けて何も感じないわけがないのだ。私やアンジェロが変化したように。
 意志を完全に殺しきったあの状態は、シーン様がおそらくかつて望みクリアが実現した一つの完成体に過ぎない。
 一手。私とアンジェロが三年の時をシーン様に頂き至った境地の更に上にある到達点に至ったその少女は、私から見ると本当に哀れな存在に見えた。
 私はシーン様が全力を尽くして教練した結果ではない。生徒が二人いたからこそ、それだけ訓練の時間も減っていた。また、シーン様はその頃から政務の一部を受け持ち始めていたから(これは後から気づいたことだが)それだけ時間がなかった。

 だが彼女は違う。彼女はシーン様が生み出した唯一の完全体だ。それだけシーン様に対し執着もあるだろう。望まれないが故にその感情を表に出さないだけで。

 だからこそ、クリアが哀れだった。

 いくら私を睨み殺さんばかりに睨みつけてもその感情が行動になる事はない。三年越しの命令を破ってまでシーン様の御前に現れてもその心が報われる事はない。世間で超越者と呼ばれる600LVオーバーの領域に至っても、その実力がシーン様に評価される事はない。

 ただ――

「邪魔です」

 ルナ様はそろそろ十六になると聞く。いくらルデール卿の領地が平和でどこの国とも禍根なく、急いで結婚する必要がないとしても、そろそろどこかに嫁いでもいい年齢だ。十中八九シーン様の元に来るだろうが、そうするとクリアが戻ってくる可能性がある。

 私情を挟んでも私情を挟まなくても、その存在は私にとって邪魔だった。そしてそれは彼女が可哀想だとかそういう感情とは全く別の話。同情はするが容赦はするつもりはない。

 彼女は素直で、そして知識面でも能力面でもシーン様に一部匹敵するほどの力を持っているらしい。シーン様は過小評価はしても過剰評価はしないからまず間違いないだろう。実務経験は私より劣っているだろうが、それも予想の域をでない。本来なら私やアンジェロを押しのけNo.2を張っていてもおかしくない。もちろんそれはシーン様の寵愛の大部分を受けるという事でもある。私とアンジェロだけならともかく他の者たちはそれを決して許さないだろう。
 そしておそらく彼女はシーン様以外の命令を決して聞かないだろう。現在のヒエラルキーが崩れるかどうかは彼女がどのような性質を持っているかによるが、少なくとも私の望む未来にクリアはいらない。いや、いてはならない。あるいは今のクリアの状態が戻ってきてもずっと続くなら、あるいは無視しても大丈夫かもしれないが、思いもよらぬ事態と言うものはどんな時でもあるものだ。

「今回の命令違反の罰で殺されてしまえばいいんですけど……」

 それに暗い嫉妬が篭っていることは百も承知だ。だが、私にはこの感情を押し止めることはできなかった。
 クリアにさえ完全に出来なかった事を私に出来るものか。また、欲しいモノは自らの手で奪うようシーン様の行動に学んできた私にそれを押し止めるような気はまったく沸かなかった。










第四十話【殺戮人形と最強の話】




続きを読む
         
プロフィール

槻影

Author:槻影
ファンタジーやらその他もろもろの雑文サイトです。エタを恐れずに好き勝手書いていくのがモットー
ずっとWeb上で活動していましたが、『堕落の王』が出版されました。
ツイッター:
https://twitter.com/ktsuki_novel
小説家になろう:
http://mypage.syosetu.com/27455/
ストリエ:
https://storie.jp/creator/25091
カクヨム:
https://kakuyomu.jp/users/tsukikage
連絡先(何かあれば。☆を@に変えてください):
ktsuki.contact☆gmail.com

訪問人数

Amazon

作者のご飯になりますので、余裕がありましたら是非




twitter

ブログ内検索