第五十話:黒紫色の理想

 魔族の話をしよう。

 魔族とは明確に定義を言うと、人以外の知的生命体の事を指す。いや、指していた。今では人、天使族、悪魔族以外の知的生命体を指す。例外が幾つか出ただけで、その分類方法はさほど変わっていない。

 魔族と一口に言ってもその種類は多種多様に渡る。

 月無き夜に野を掛け走り、その敵を気高き心と高い知を持って打ち倒す昏き隣人【グレムリン】
 牛頭に鋼のごとき巨体、そしてその巨体に見合った凶悪な斧を持ち、無人の野を往くが如く平野を支配する魔人【ミノタウロス】
 冥界より蘇り、死という絶対の絶望を克服し、暗黒の支配者となった闇人【ゾンビ】
 叡智極めし魔術師より秘蹟を与えられ、その身を持って忠誠を尽くす土の巨人【ゴーレム】

 種類だけなら星の数ほどに別れるだろう。そして、その容姿、能力、文化、社会体制も当然千差万別だ。
 共通点はそのどれもが侮りがたい力を持った強き者であり、人族と比べ圧倒的な破壊の力を持っていたことだ。
 が、どうしてそれら多種多様な誇り高き知恵者を一緒くたにして魔族などという味気ない言葉で表現するのかにはもちろん理由があった。

 現在魔族に分類される者たちは、かつて人族と争い、人族に勝利できなかった者たちだった。
 負けたから。
 それが、魔族という言葉の始まりであり、理由であった。

 要するに、ただ単純に、『魔族』という言葉は、負け犬を見下すために作成された、人とそれ以外の知的生命体を分類するためだけに人族が作成した、ただの差別用語なのである。

 闇ある所にまた光あり。
 だが、悲劇の歴史は長くは続かない。

 敗北者達はある日、王の一族と出会う。



 ーーぬしら、我のために生き、そして死ぬことを許そうぞ


 何の前触れもなく降臨したその者の眼は、


 この世のものとは思えない美しい色をしていた。






第五十話【魔族の話】







続きを読む
スポンサーサイト

第四十九話:黒紫色の理想

 燭台の上で、黄色の炎がゆらゆらと揺れていた。

 石造りの巨大な部屋だった。対象が人であったならば、文字通り数十人、数百人を収容できただろう。
 だが、決してこの部屋の使用者は人間ではない。果てが見えないとてつもなく巨大な天井に、数十メートルもの大きさの巨大な扉を見れば、本来の住人がいかなるサイズの生き物か予測できるだろう。

 部屋は大きく分けて4つのエリアに分かれていた。

 一番大きなエリアは中央のほぼ全域を占めるエリアである。このエリアに特に真新しいものはない。玉座にも似た頑丈そうな椅子が一定間隔で並べられているだけだ。

 次に大きなエリアは、部屋の後方に位置していた。このエリアは一目で特異なものだとわかる。
 そのエリアは黒い"水"で満たされていた。と言っても水槽があるわけではない。下に巨大な池が広がっている、と表現すべきか。区切られた敷居の中で静かに揺れるそれは暗闇で見るとまるで奈落のように見えた。当然、そのような舞台装置を作るのは並大抵の努力ではなかったはずだ。その池が、地下水路を通って遠く外の川、海と繋がっている事を私は知っている。でなければ、冷酷で悪辣で愚かな昏き深海の隣人が大陸の中央に位置するここまでやってこれるわけがない。

 三つ目のエリアは、部屋の前方にあった。
 そのエリアで特筆すべきものは、巨大な十字架ーー我らが王への忠誠の証だ。十字から放たれる幾千年経て尚絶えぬその闇の波動はまるで我々に無念をはらせと語っているかのようであった。

 そして最後のエリアは部屋の上にあった。
 果てが遠く見えぬ天井。そこに張り巡らせられた|鋼線《ワイヤー》こそがその正体だ。様々な色で張り巡らせられた鋼線はそれぞれがかなりの重さを釣り上げていられるという代物だ。プラスで重量軽減の魔術がかけられていて、大抵の重量のものは吊り下げる事ができる。それでも耐えられなかったらその時は……諦めるしかない。頑強で無常な気高き空の支配者も文句は言うまい。

 この部屋を作り上げた三千年近く昔に生きた同胞には頭が上がらない。


 所は魔族領中央内部王の地グラングニエル城

 魔族の聖地である。







第四十九話【捨てられし者達の話】




続きを読む

第四十八話:黒紫色の理想

 リトリ・サダニウムスは内心焦っていた。

 リトリ・サダニウムスは生まれ持った心を読む眼の力を過信していた事に気づいた。
 そして、残念ながらそれを懺悔する間も残っていない事にも。

 心を読む魔眼。
 その単語に恐怖を抱かないものは"本来"いないだろう。
 どんなに清廉潔白な人間でも、最低でも一つや二つは他人に知られたくない秘密があるもんだ。
 戦闘においても、私生活においても、自分の優位性を確保するのにこれほど便利な力はあるまい。
 緻密に立てられた策も、堅牢に守られた機密も、その眼の前では何の意味も持たなかった。今まではそうだったし、これからもそうだと考えていた。

 その過信が、本来の人間に備わって然るべきメンタル的な強さ――素の心の強さを鍛える妨げになっている事など、愚かなリトリ・サダニウムスはまったく気づいていなかった。

 目の前の少年を見る。
 黒髪黒眼。年は自分よりも一つか二つ下だろうか。だが、とてもそのようには見えない。
 見ただけで吸い込まれそうになる瞳にすっと通った目鼻立ち。
 そしてその身から出る溢れんばかりのオーラは、おそらくまだ見たことがないが、英雄とはこういった気配を纏った男の事を言うのだろうと感じられた。

 一目見た瞬間に気づいた。自分ではこの男には敵わない、と。
 本能で感じられる。存在の格が違うのだ。
 たかが心を読めるだけのちっぽけな女に何ができようか。 

 噂では聞いていた。
 シーン・ルートクレイシア。ルートクレイシアの神童。悪魔殺しの英雄。

 リトリ・サダニウムスの不幸は心を読まれてもなんら意に介さない高潔な精神を持った者に今まで出会えなかった事だった。
 そして、逆に幸運だったのは、この場でその類の人間に出会えた事だろう。これが死地だったら死んでいたが、シーン・ルートクレイシアに殺意はない。

「…………」

「何か?」

 黙っているリトリ・サダニウムスをシーン・ルートクレイシアが面白そうに見つめる。
 わかっていた。シーン・ルートクレイシアの望みはさっきからわかっている。
 シーン・ルートクレイシアの望みはリトリ・サダニウムスの心と身体、そして魂だ。

 英雄は色を好むという。

 先ほどからシーン・ルートクレイシアの視線はリトリ・サダニウムスの身体をじっくるねぶるように這いまわっていた。
 頭の先から始まり、眼、鼻、唇、顎、首元、肩、胸元――

 隠す気配もないそれはもはや視姦に近い。
 見られているだけで身体が熱くなってくるほど熱烈な。

 そして、それが初めほど嫌ではなくなっている自分に気づき、そして愕然とした。

 心を読み取る力を持つリトリ・サダニウムスにとって、男性とは――リトリ・サダニウムスの容姿が一級だった事もあるのだが――挨拶するだけでこちらに性的な視線を向けてくる無礼な存在でしかなかった。

 故に、今まで恋と呼ばれるものをしたことがない。
 自分に獣欲を抱き、尚その意思をこちらから隠そうとするその所業はリトリ・サダニウムスから見れば草木に擬態して獲物を狙っている昆虫のようにしか見えなかった。 逆に、ストレートに性欲を向けてくるシーン・ルートクレイシアの方がリトリ・サダニウムスにとっては非常に好ましかった。

「あの……一つだけ、いいですかぁ?」

「言ってみろ」

 どっちみち、リトリ・サダニウムスの敗北は決定している。それは自分でも気づいていたし、それ以上にシーン・ルートクレイシアは気づいているはずだ。その証拠に先ほどから一度足りともその余裕を崩していない。
 後は道は二つに一つ、強制的に力づくで組み伏せられ、処女を散らされるか、自分から望んで新生の英雄にその身を捧げるかだ。
 
 手が震える。顔が蒸気する。

 どくん、と心臓が大きくなった。

 どうしよう。強制的にってのも魅力的ですよねぇ

「人の心の中勝手に創造しないでもらえますかぁ? そんな事これっぽっちも思っていませんからっ! てか無駄に器用ですね……ほんっとうに最低ですぅ」

「ちっ、惜しい……」

「ぜんっぜん惜しくもなんともありませんからっ!」






第四十八話【最強の弱点の話】

続きを読む

第四十七話:黒紫色の理想


 俺は強い。
 類まれなLVと無尽蔵の魔力、思慮深さは元魔王なんて肩書きはなくても圧倒的だ。無敵だ。
 人になって能力が落ちたなんてそれこそほとんど問題にもならないくらいに。

 だからこそ、自分の弱点はわかっていた。

 シーン・ルートクレイシアの弱点はその本体と比べて周囲が余りにも脆弱なことである。
 まーこの俺と比べるなんてそれこそ比べる対象が悪いと言われたらそれまでだが、それでもそれは確かに俺を攻略しようとするならば真っ先に狙われるべき穴だった。

 この世にはご都合主義なんてない。
 人間ってのはつまらないもので、優れているというのはそれだけで他者から嫉妬を抱かれる一因となりうるものだ。
 弱点がわかっているにもかかわらず対策を立てないなんてのは、それはもう愚かだとかそういう問題以前の話である。

 故に、俺が俺の奴隷達に仕掛けていたチョーカー(発信機)から送られてきた危険信号をキャッチしたのは当然だし、俺がそれを受けて即座に救出に向かうのも必然であった。




第四十七話【魔眼と黒衣の王の話】
続きを読む

第四十六話:黒紫色の理想

 世界のバグと言うものは本当に不可思議なものだ。
 理屈が全く通じない。この世の外側からもたらされたかのように、この世界の法則に反している。
 唐突に現れ状況をめちゃくちゃにする。ご都合主義よりなお悪いだろう。
 映画のフィルムの途中に全く関係のないコマが割り込んだようなもんだ。ストーリーがめちゃくちゃだ。整合性が取れない。
 ラスボスがストーリー無視して唐突に天からの光に撃たれて死んだら誰だって文句言うだろ。
 デバッグさぼってんじゃねーよ。
 世界観を大切にしろ。

 かつてKilling Fieldを召喚した地下室に悪神の死体を引きずってきた俺は、その存在を初めて近くで観察した。

 まあ文句は色々あるが、問題はその存在自体ではなくその存在が俺にとって益あるかどうかというただその一点だった。

 使えるものはなんでも使うし、使えないものはこの世界から退場していただく。

 死体を担ぎ上げ、両腕を壁から生えている鎖で吊り下げる。Killing Fieldも獣娘も引きちぎれなかった特別製だ。そうそう壊れる事はない。
 だらっと吊り下がるその死体にスキルレイをかける。


 世界のバグerror-07<悪神>
 BreakenWindow
 LV:950
 出現条件:

 周囲の人間の『徳』パラメーターが-10000以下
 それらの徳をリセットする事と引換に発生

 特性:
 悪意により成長する

 状態:死亡


 徳……徳、ねえ。
 先日スキルレイで読み取った時はそれどころではなかったが、よく考えたら不思議な言葉だ。
 そもそも徳ってなんだ? パラメータにはそんな値は存在しない。
 一般的に言うと社会性、道徳性などが高いと徳があるなんて言われるが……正直道徳なんてのは種族によっても違いが出るし、なんというか、もやもやして気持ち悪い。
 出現条件を見る限りだと徳とやらの値が-10000を超えると出るみたいな説明になっているがどういう原理なのだろうか。
 まぁ原理なんてのがあるかどうかがまず不明だが……

 そこで、スキルレイで現れた文章についての考察を一旦打ち切り、そっとその身体に触れた。
 ひんやりとした肉感。何か黒いもやがまとわりついているが、肉質的には人間と等しい。衣類は着ているが防具のようなものは纏っていない。
 そしてやはり男だった。

 俺は目の前の肉体を"検証のため"ばらす決意をした。







第四十六話【トラウマと瞳の奥の怪物の話】
続きを読む

第四十五話:黒紫色の理想

「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは」

 狂ったような笑い声が大聖堂を満たしていた。
 ただの哄笑のはずなのに、まるで魔法のように誰も声を出せなかった。
 首のない魔物から血が噴水のように上がり、その漆黒の髪を濡らす。

「あーっはっはっはっはははははははははははははははははははははははははは」

 突如乱入してきた化物はすでにその生命を失っている。
 そして、それを成した少女も凄まじい身体能力であっという間に姿を消した。

 元凶は既にいない。いや、いたとしてもこの狂気の前には何もかもが霞んでしまっただろう。
 黒を塗りつぶす黒。闇を食らう闇。
 人類が生み出した聖域も、その狂気の前に為す術もなく、それを止めるべき手段を私も知らなかった。

 生きとし生けるものすべてが固唾を飲んで見守った。

 しかし、どんな状況でも時は決してその歩みを止めたりはしない。

 狂気の始まりは唐突故に終わりも唐突。

 哄笑はなんの前触れもなく止まった。
 まるで何かをこらえるかのように顔を抑え、狂気の主、シーン様がこちらを振り向く。
 いつも黒曜石のような漆黒の瞳が、今はどこか紫がかった黒色に変わっていた。

「シルク、俺の完敗だ。帰るぞ。クリア、貴様の偵察の任を解く。可能な限り早く始末をつけルートクレイシアに帰還せよ」

 つぶやくと同時に今まで見たことがないほど膨大な魔力がシーン様の身体から溢れだした。

 完璧に計算された精度で構築されたはずの聖域の魔法陣が一瞬歪み、その上から漆黒の魔法陣が白を塗りつぶすように顕現する。

 転移の魔法陣――

「お待ちください、シーン様。会合はまだ終わっておりません。ここで帰られては誤解が広がる事になります」

 そう。このまま帰ったらルートクレイシアの国際的な立場は非常に危うい事になる。
 突然会合に紛れ込んできた魔物に、それの首をはねて消えたルートクレイシアの同行者。怪しい。子供だってわかる。真っ黒だ。ましてやシーン様の評判はただでさえ悪いのだ。
 まして今回の事件は――説明できるかどうかは別として、おそらくシーン様の意図した事ではない。
 実際に黒であるのを白に変えるのは非常に面倒だが、今回はこちらは……多分白だ。ただ黒に見えるだけの白。
 シーン様が帰還するというならその意思に従おう。
 だけどせめて少しでも釈明をしてから帰還すべき――
 なんとかかろうじて忠言した私の言葉を、シーン様は鼻で笑って答えた。


「病欠で」







第四十五話【反省と改善策の話】





続きを読む
         
プロフィール

槻影

Author:槻影
Web小説家の雑文ブログ。小説やら日記やらを投稿していきます。
書籍化作品あり。
堕落の王Ⅰ、Ⅱ(ファミ通文庫)
誰にでもできる影から助ける魔王討伐①②(エンターブレイン)
ツイッター:
https://twitter.com/ktsuki_novel
小説家になろう:
http://mypage.syosetu.com/27455/
ストリエ:
https://storie.jp/creator/25091
カクヨム:
https://kakuyomu.jp/users/tsukikage
連絡先(何かあれば。☆を@に変えてください):
ktsuki.contact☆gmail.com

訪問人数

Amazon

作者のご飯になりますので、余裕がありましたら是非





twitter

ブログ内検索