唐突に小説を書く時の話でも

小説を書いていると、割りとすぐに飽きる。

趣味がパソコンなので、ずっとPCの目の前にいるんだけど集中力は持続しない。あちこちのサイトを見ながら、ついったーをしながら、コーディングしながら、動画を見ながらたまにエディターを開く。
大抵の場合ストーリーを妄想しながらネットサーフィンするんだけど、プロットもろくに存在しないので連続で書き続けられることは殆どない。
物語全体のエンドだけ決めているのでそれに向かって書いていくんだけど途中経過は一切、書くまで頭にない。主人公のキャラの設定くらいしかない。

でももうそれも慣れてる。
趣味で書いてるだけのアマチュアだけど、空白期間も相当あるけど、もう十年近くそうやって書いているからなんとなく進んでいくがわかっている。書いていて楽しい時もあるし、ネットに上げる時には未だに緊張する。

それでもエディタ―を前に何も頭に浮かんでいない時は超不安です。
まぁ、その時はちょっと時間あけてあげればいいだけの話なんですが……
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

槻影

Author:槻影
Web小説家の雑文ブログ。小説やら日記やらを投稿していきます。
書籍化作品あり。
堕落の王Ⅰ、Ⅱ(ファミ通文庫)
誰にでもできる影から助ける魔王討伐①②(エンターブレイン)
ツイッター:
https://twitter.com/ktsuki_novel
小説家になろう:
http://mypage.syosetu.com/27455/
ストリエ:
https://storie.jp/creator/25091
カクヨム:
https://kakuyomu.jp/users/tsukikage
連絡先(何かあれば。☆を@に変えてください):
ktsuki.contact☆gmail.com

訪問人数

Amazon

作者のご飯になりますので、余裕がありましたら是非









twitter

ブログ内検索