第五十五話:黒紫色の理想

 最近多いな……




 俺は、首を傾げながら書類を捲った。
 ルートクレイシア領の一年の収支がまとめられている紙だった。
 税金を思いっきり上げたがそれほどひどくない。元々そんなによくなかったし、最低限の食料は国で配布するようにしたため、まぁこんなもんだろう。

 騎士団を全員クビにしたため金はむしろ余っている。
 足りない分は俺自身で適当に属性武器でも作って稼げばいい。

 税金を上げたことによる領民の労働意欲だけが問題だが……心配はいらないだろう。誰でもない、この俺のためになると考えれば誰もが過労寸前まで働くに違いない。俺のために生きて俺のために死ねるなんてそんな幸せな事はないだろう。
 まぁ俺の寿命は後十年ちょいだし、最悪そこまで持てば後はどうだっていいんだが……。

「はぁ……『虚影骸世』」

 自分の世界を広げる。
 消滅対象は扉の外にある"気配"だ。
 俺の世界は音もなく浸透し、壁を通り抜けて扉の外をその範囲内に収める。

 悲鳴一つ起こらず、気配は消え去った。
 証拠もない。塵一つない完全な消滅。もしかしたら魂すらもはや残っていないかもしれない。

「やれやれ、馬鹿の一つ覚えみたいに次から次へと送り込んで来やがって」

 しかも雑魚ばかりだ。

 最近ルートクレイシアには、敵意を持った侵入者が大量にやってくるようになっていた。
 一体何が原因なのかわからない。
 元々侵入者は少なくなかったが、最近では特に多い。まさに入れ食いと言えよう。

 屋敷の範囲に張られた結界は俺自身が張ったもので、非常に秀逸だ。侵入者が入ってくればすぐに分かる。だが、一つだけ弱点があって、この結界、相手が男の時にしか働かないのだ。ちなみにこれは、男の侵入者は問答無用で死刑だが女の侵入者に対しては顔を見るまで処置を保留するという我がルートクレイシアのスパイ防止法に基づいている。女の侵入者なんてそうそういるもんじゃないが、実際の侵入者は俺が把握している以上に多いのだろう。

 この屋敷に見られて困るものなんてないのだが。

「ちょっとしたスパイスのつもりで探知系の結界にしたのはまずかったかな……んー……でもリトリみたいなのが入ってくる可能性もあるしなぁ」

 男だけに対する障壁を張るか?
 そんな結界俺が知る限りでは存在しないから、自分で開発するかあるいは調べる必要がある。面倒だ。もとよりたかが男に対してそんな努力する気になれない。

 まぁでも、そろそろ探知|《サーチ》はやめて障壁|《バリア》系の結界に切り替えてもいいかもしれないな。

 俺は首を傾げながら方針をやや修正する。
 最近、シルクやアンジェロの相手をすることが少ない。
 俺自身忙しいせいもあるのだが、反抗的な者ばかり嬲っていたせいでもあるだろう。反省すべき点だ。陵辱も嫌いじゃないが、純愛も全然いける。
 奴隷をかまうのも主人の権利であり、大切な義務でもある。
 外来ばかりかまっていては忠誠心も下がるってもんだ。

 収支報告書に、受領の印鑑をペタンと押した。

「はぁ……切り替えるか……」






第五十五話【障壁とレベルと部下たちの話】


続きを読む

第五十四話:黒紫色の理想

 長い長い間生きてきた。
 その間わかったこともある。

 人は……愚かだ。

「ルートクレイシア……ですか?」

「ええ……ルークさんとの依頼の中で出てきたのよ。何か知っている事ある?」

 丁重にルークに退出願った後、食堂で久方ぶりの食事を取りながらアシュリーに尋ねた。
 世俗から離れて長い事たつ。特に最近のニュースには疎い。
 当然であるかのようにルートクレイシアなんて単語を出されても全く思い当たる節はなかった。

 フォークでくるくるとパスタを巻き、ずずーっとろくに咀嚼もなく飲み込む。
 喉に詰まりそうになって、慌ててピッチャーに入れた水で飲み下した。

「ええ……何かわからないんだけど……そこの公爵の息子を殺してほしいらしいのよ」

 テーブルには、所狭しと大量の料理が並んでいた。だが、今はそのほとんどの皿は空っぽになっていた。
 アシュリーは自分の分をとっくに食べ終わって、私の給仕を務めていた。

「……まさかそれ、受けたんですか?」

「受けるわけないじゃない。あいつ、私を何だと思ってるのか……」

 いくらなんでも人殺しはないでしょ。

 ばんっ、とピッチャーをテーブルに叩きつける。

 人類の今の敵は悪魔だ。年々どこそこの国が、街が滅んだとか、そんな感じの話は後を絶たない。
 私だって、一応人間だ。世俗を離れたからといって、人族に対しての愛くらいある。
 手に負えないレベルの悪魔が現れたとか、そんな感じの話だったらまだ考慮の余地もあったかもしれない。

 それがよりにもよって人間、人間だ! 人間を殺せ、などとそんな話があるものか。

 共通の敵があってさえ、人は人に、どうしてそれほどまでの殺意を向けられるのか。
 私にはその気持ちが昔からずっとわからなかったし、今も全くわからなかった。
 寿命が短いんだからそんなに生き急ぐ必要もないだろうに。

「ルートクレイシアですか……そういえば今けっこう話題になってますね」

「へー……そうなんだ」

 気のない返事をしつつ、空になった皿を脇に避ける。
 ルートクレイシアはこっから大分遠い所にある中規模程度の国だったはずだ。
 確か現当主の名前は――ダールン・ルートクレイシア。何十年か前くらい前に一度呼ばれて手合せした事がある。手合せの内容はもう覚えていないが、彼には才能があった。もしかしたら今は人としての壁、599レベルを突破しているかもしれない。

「つい最近当主が変わったみたいですね。その公爵の息子が跡を継いだらしいですよ。ダールン公の嫡子でまだ十六歳だとか」

「へー、そうなんだ」

 アシュリーが手を止める。

「お嬢様、興味なさそうですね」

「興味ないもの」

 だって……ねぇ?
 そのダールンの息子とやらがたとえば数百数千人を殺す暴君で、国が滅びかけていたとしてもそんなことは私の知ったことではないのだ。
 勇者の敵は魔王だけであり、その他の奴らは範囲外もいいところで、父が魔王を倒すまでの間に魔族を尽く倒していったように、目標達成を妨害してくるならまだしも、少なくともその息子は私に何の被害も与えていない。
 それがどうしてわからないのか。

「で、その息子が何かしたの?」

「んー……そこまではちょっと……。色々噂はあるんですが……うん千人殺したとかやたら強い武器を量産して売ってるとか数十人規模のハーレムを持っていて酒池肉林の日々を過ごしているとか……そうそう、数千規模の悪魔の軍勢をたった一人で皆殺しにした、とかいう話もありましたね」

「へー、そうなんだ」

 うん、無害だ。











第五十四話【もっと引きこもりの話】




続きを読む

第五十三話:黒紫色の理想

 周囲の空間が融解し、わずかなノイズと景色が変化する。
 無限に見える夢幻の空間から、生活に最低限必要なものしか置いていない簡素な一室へと。

 私は一週間ぶりにゲームを終了し、魔力で作成された空間から現実の私の部屋に戻ってきた。
 大きく伸びをして、やはり一週間ぶりにベッドにダイブする。
 勇者の血により、生命の理をぶっちぎっている私の肉体は疲労を知らない。だけど、不思議と全身に感じる柔らかいものに埋まる感覚はとても気持ちがよかった。

 人魔戦記3はオンラインの格闘ゲームだ。
 このオンラインと言うのはオンライン対戦があるから、という意味ではなく、サーバーに接続してやるタイプのオンラインゲームという意味である。
 魔王の使い手のライバルが現れてから数年、そのほとんどを修行に費やしてきたが、そんな私でも週に一度、確実にゲームを終了する日がある。
 それすなわち――サーバーの定期メンテナンス

「…………」

 ベッドの上で力を抜く。
 一週間も留守にしていたのにシーツは清潔だった。私が戻ってくる時に合わせて掃除してくれたのだろう。心配りがありがたかった。

 しかし……

 枕に顔を押し付ける。

 今回もまた私のライバルは現れなかった。
 日々挑んでくる魔王の数は減りつつある。私の噂がもう広まりきっているのだろう。
 仕方なくランダム対戦で修行をしているが、最近私は自分の実力が頭打ちになっている事に気づいていた。
 相手がいないのだ。
 技術は同等の実力者と切磋琢磨する事でより高められる。
 元々無駄に寿命のない私は人魔大戦は1からやっていたし、そもそもの基盤が他のユーザと違っていた。
 今や私にライバルを除いて敵はいない。
 だからこそ私はもう――

 レベルが高くなると弱い敵を倒しただけでは経験値がたまらないように。

 三千年の経験。それが逆に私に自分の天井を気づかせる。

 人魔対戦は魔力を使用するオンラインゲームだ。
 そこそこの魔術師にしかプレイできないというハードルの高さと、それなりの実力を持つ魔術師は一部を除いて多忙であるという現状から、実力者は育ちにくい傾向にある。

 もしかして私のライバルは引退してしまったのだろうか。

 一瞬――いや、この数年何度も頭にかすめるその文言を精神力でごまかす。

 オンラインゲームは所詮ゲーム、何度も一緒に戦ったフレンドが急に挨拶もなしにプレイしなくなるというのはそれほど珍しい話でもない。私自身何度もそれは経験しているし、逆に私がやらなくなった事もある。

 だけど信じたくなかった。
 自分が唯一見つけたライバルが……既にこの世|《ゲーム》にいないなどと。

 その時、扉を控えめにノックする音が聞こえた。

「リィンお嬢様、いますか? お客様が来たのですが」

 久しぶりに聞く声。
 私の返事も待たずに扉が開く。
 
 部屋に入ってきたシンプルな意匠のメイド服を着た少女――私のたった一人の従者、アーセルに、顔だけあげて答えた。

「久しぶり、アーセル。元気だった?」

 アーセルはベッドに転がる私に目を向けて、すぐに侮蔑するような目つきになった。
 無言でベッドの脇の椅子にかけてある……真っ白なロングドレスを見る。

「リィンお嬢様……何度も言ったでしょう。ちゃんと服は着ないといけないって」

「……服着るの面倒なんだもん」









第五十三話【引きこもりの話】


続きを読む

外伝二話:黒紫色の理想

「地下水路の鍵? ああ、そんなのもあったな」

 しーん様に尋ねた所、とくに何の問題もなくかぎをくれた。鈍色に光るかぎ束、冒険のけはいにむねがどきどきする。

「あそこには悪魔がうようよしているが……LVだけならナリアはトップクラスだ。まぁ大丈夫だろ。ルートクレイシアの地下水路に棲む悪魔の平均レベルは10~500、お前を傷つけられる生命体は存在しないだろう」

 しーん様のひさしぶりに聞く声は、わたしの脳のおくにゆっくりと染みこんでいく。

「地下階層型ダンジョンで、階段をどんどん降りていくと最下層にはそこそこ大きな地底湖がある。ああ、そうだな。丁度いい、そこにおいてある白鯨の剣を持ってきてもらおうか」

 はなしが勝手にすすんでいく。しーん様の黒い瞳がわたしのしんぞうをつかみ、絞り上げる。むねがくるしい。

「これはルートクレイシアに代々伝わる由緒正しき試練でもある。あ、持ってこれなかったらここから出て行ってもらうから」

 ……

 ふきつな言葉が聞こえた気がした。
 わたしのふわふわしていた意識がはじめてしーん様をはっきりと捉える。

 しーん様はわたしを見ていなかった。せなかを何かつめたいものが通り過ぎる。
 わたしはむねをしめつける何かとせすじを貫くつめたい何かをどうじに感じた。

 しーん様のことばがわたしの中にじわーっと染み込んでくる。そこでようやくりかいした。やばい、と。

 出て行ってもらうから?

 ……だいじょうぶ、わたしならできる。
 わたしのレベルは高い。高い。高い。
 しーん様もさっき言った。わたしをきずつけられる存在は地下水路にはいないと。
 じかんはかかるかもしれないけど、わたしならきっと――

 しーん様が何か黒いものをなげてきた。反射的に受け取る。
 それは、黒いすなどけいだった。

「制限時間は三時間な。スタート」






第四十五話【ナリア・フリージアの探検記その1―ルートクレイシアの地下水路―】



続きを読む

第五十二話:黒紫色の理想

 御恩と奉公と言う概念がある。
 簡単に言うと、主人は従者に対して土地を与え、従者はその見返りとして緊急時の軍役を負担する、そんな制度の事だ。
 これはルートクレイシアと、遥か昔ルートクレイシアの初代当主に土地を与えた肯定との間にもあてはめられるがこれは今回はあまり関係ないので割愛する。
 俺と、俺の部下であるシルク達との間に組まれた関係はもっと単純である。
 奴隷と主人。ただそれだけだ。
 俺は主人で、奴隷には人権がない。だから、死ぬまで働かせてその結果死んでしまってもそれは仕方ないことで、主人に対しては特に罰などない。
 だが、それでは些かつまらない。
 奴隷にも、どうとでもなるとはいえ、意志があるからこっちの対応次第でやる気とかテンションとかパラメーターとかいろいろ上がったり下がったりする。
 やる気を出させるのも主人としての腕の見せ所だ。
 だから俺は、自分に大きな利益をもたらしたものに対して、それなりの褒賞を与えるようにしていた。

「クリステル、解放してやるよ」

「え!?」

 俺の宣言に、クリステルが驚いたような声を上げた。

「……もう一度言ってもらえますか?」

 その様子が少し意外だった。
 俺の屋敷にはエルフが十五人いるが、クリステルはその中でも酷く好感度が低い。

 全てナリアのせいだ。あいつの姉に対する扱いは『売る』というレベルを超えている。俺は生贄なんて求めないが、もし求めたとしたならば、ナリアは死ぬとわかっていても平然とクリステルを差し出すだろう。
 それをクリステルは俺のせいだと誤解している。好感度も落ちて当然だ。
 そして俺にはその誤解を解く気がなかった。特に問題ないからだ。たとえ好感度が低かったとしても、一エルフが俺にできる事などたかが知れてる。

「解放してやると言ったんだ。今の立場からな」

 俺の下にいるエルフたちは契約で縛られている。
 それは俺とエルフの族長の間で数百行にもわたった契約書として明文化されており、俺がシルクやアンジェロに課しているそれとはまた違ったものだ。

 彼女らが逃げ出したとしても帰る所など既にない。
 まーそれなりに贅沢な生活させてるし、逃げようとはなかなか思わないだろうけど。
 エルフは美人だ。俺ならいくらでもいける。多分転生前に持っていたら俺は転生していなかっただろう。
 だが、さすがに十五人もいれば一人や二人手放してもいいかなって気がしてくる。
 それくらいリトリには価値があった。

「リトリは素晴らしい。容姿も能力も申し分ないし、何よりあの魔眼は別格だ。あの魔眼があれば世界の征服すらできる!」

 俺の周りはうそつきだらけだからな。
 もっとみんな正直に生きるべきだろう。

「反応も悪くなかったし、今回はろくに引き出せなかったが情報も持っているはずだ。文句のつけようがない」

 強いて言うならこれでこちらの味方だったら本当に完璧だったのだが、そこまで無茶は言うまい。
 クリステルは何も言わずに、固まったまま俺の言葉を黙って聞いている。

「そんなリトリを、偶然であれ俺の元に連れてきたクリステルの功績は極めて高い。よって、本来ならあり得ない事だが特別にクリステルの枷を外してやろうと考えたわけだ」

「……なるほど、やはりリトリは負けたのね」

「あいつは戦闘能力はゴミ以下だ」

 独り言のように小声でつぶやかれた言葉も見逃さず、はっきりと宣言してやった。




第五十二話【御恩と奉公の話】




続きを読む
プロフィール

槻影

Author:槻影
ファンタジーやらその他もろもろの雑文サイトです。エタを恐れずに好き勝手書いていくのがモットー
ずっとWeb上で活動していましたが、『堕落の王』が出版されました。
ツイッター:
https://twitter.com/ktsuki_novel
小説家になろう:
http://mypage.syosetu.com/27455/
ストリエ:
https://storie.jp/creator/25091
カクヨム:
https://kakuyomu.jp/users/tsukikage
連絡先(何かあれば。☆を@に変えてください):
ktsuki.contact☆gmail.com

訪問人数

Amazon

作者のご飯になりますので、余裕がありましたら是非




twitter

ブログ内検索